ねこだまし!

カフェとネコとカメラとわたし

リボーンアートフェス2017に行ってきました(2日目 牡鹿半島編)

2017年8月30日・29日の2日間で、宮城県石巻市で開催されているリボーンアートフェスに行ってきました。

1日目の記事はこちら。
fewpoco.hatenablog.com

出発

f:id:fewpoco:20170907004834j:plain
前日に朝は飲食店はやっていないことを学んでいたのでコンビニで食料を確保。
公式サイトを読むと山道を歩くようなので、甘いものも用意しました。

石巻駅前は晴れていますが、お天気アプリの雨雲レーダーを見ると半島の先の方には雨雲があるようです。折りたたみの傘とウィンドブレイカーもリュックに入れました。必要のないお土産などの荷物は駅のコインロッカーにしまいます。

8:30にバスは出発。目的地・牡鹿公民館前バス停には9:58着予定。約1時間半のバスの旅です。

f:id:fewpoco:20170907005332j:plain

建設中の防潮堤はその向こうの景色をないものにしてしまう。美しい海や山があるはずなのに。
石巻市では7メートルを超える津波があったそうだが、この高さで足りるのだろうか。次の地震で発生する津波も同じ高さなんだろうか。単に風景を破壊しているだけではないのか。偉いひとが考えているんだからこれでいいんだろうか。でも偉い人が絶対安全だって言ってたものもあったよな、などと考える。

エリアD

f:id:fewpoco:20170907010103j:plain
運賃は1460円。路線バスで払った金額ではもっとも高いです。
牡鹿公民館前でリボーンアートバスに乗り換え。10:00発となっていますが、路線バスの到着を待ってくれるので焦らなくても大丈夫。

のり浜でリボーンアートバスを降りると小雨。本降りではないので傘をささなくてもギリギリ大丈夫です。

f:id:fewpoco:20170907011531j:plain
レストハウス牡鹿。アートフェス作品ではありませんが、壁面にペイントがされています。

のり浜

f:id:fewpoco:20170907012018j:plain

f:id:fewpoco:20170907012204j:plain

公式サイトで「トレッキング装備できてね♡」と案内している意味を理解する。
リボーンアートバスも50分間隔となっていて、そんなに時間かかるのかなぁと思っていたんですが、のり浜まで行って戻るだけで20分くらいはかかりそうなので妥当なダイヤでした。
しかし、苦労して着いた砂浜は美しかった。

島袋道浩「起こす」

f:id:fewpoco:20170907012800j:plain

SHIMABUKU ( http://www.shimabuku.net/news.html ) より引用。

起こす。
倒れているものを起こす。
浜辺に横たわっている木や石を起こす。
牡鹿半島の先端、海の向こうに金華山が見えるノリ浜で。

たくさんの人たちと一緒に、たくさんのものを起こしてみる。
倒れた大きな木もみんなで起こそうとがんばってみる。
そうすると人々の心の中にも何かが起きあがってくるだろう。

私も小さな木ですが、起こしてみました。

f:id:fewpoco:20170907013313j:plain

妙なやってやったぜ感があります。

コバルト荘跡地

島袋道浩「時の海-東北」

f:id:fewpoco:20170907013528j:plain

f:id:fewpoco:20170907014755j:plain

クラウドファンディングを利用して制作された作品。
数字をカウントするLEDは亡くなられた方々の「永遠の命の光」を表しています。
LEDは9〜1をカウントし、0は表示しません。0は死を意味するが、再びカウントがはじまる。つまり0は次の生への準備期間となっているわけです。
Sea of Timeは宮島達男のデビュー作であり、代表作。直島にも同名の作品があります。
静謐な空間に時が経つのを忘れます(ツリーハウスを観る時間がなくなってしまった)。

増田セバスチャン「あっちとこっち #東北」

f:id:fewpoco:20170907015221j:plain

上に登れたんですが、天気が悪い・おばちゃん軍団襲来・時間がないの3拍子だったのでパスしてしまいました。

ホテルニューさか井

f:id:fewpoco:20170907100332j:plain

コバルト荘跡からホテルニューさか井までは徒歩で移動。

f:id:fewpoco:20170907100836j:plain

10分かからないくらいで到着。
案内がないのでフロントで聞くと丁寧に教えていただきました。さすが老舗ホテル。
5階の2部屋と屋上に作品があるとのことなのでエレベータで移動。

増田拓史「みれなかったものがみえたとき」

f:id:fewpoco:20170907101434j:plain

部屋の中には5脚の椅子。窓からは金華山が見えます。
窓は90秒ごとに白く不透明になり外が見えなくなります。それぞれの椅子に座ると海だけだったり、金華山と海だったり、見える風景が変わります。アーティストが地元の漁師さんに話を聞いた際に、震災直後は「海が見られない」と言っていて、時間が経っても「今日は見たくないな」という日があるということに着想を得て作成したそうです。

Yotta「ヨタの青空カラオケ

f:id:fewpoco:20170907102248j:plain

金華山に歌を奉納するというコンセプト。
到着した時には雨でビニールシートのカバーがかかっていたんですが、その後は天候が回復。おばあちゃんたちが元気に歌っていました。楽しい。

f:id:fewpoco:20170907103844j:plain

金華山は晴れている時に見たかったですね。

ファブリス・イベール「ベシーヌの人」

f:id:fewpoco:20170907102622j:plain

おもしろ噴水。もしくは小便小僧。
このアートフェス、全体的に海外アーティストの作品は面白くないです。

御番所公園

草間彌生「真夜中に咲く花」

f:id:fewpoco:20170907104123j:plain

時間がないので通過しようと思っていたんですが、リボーンアートバスの運転手さん(ホテルニューさか井の従業員さんです)が「ちょっと待っているから写真だけでも撮ってきたら」と言ってくれたので撮ってきました。

鮎川バス停付近

f:id:fewpoco:20170907104604j:plain

路線バスが来るまでじかんがあるので、震災の時に街の人々が避難した石巻市役所牡鹿総合支所へ登ってみました。
空き地になっている場所には家々が建っていました。

ギャレス・ムーア「トランクルーム」

f:id:fewpoco:20170907105040j:plain

鮎川で収集した品々をあちらとこちらの境界である門に展示して…かと思ったら石巻市街地のリサイクルショップで買ったものだそうです。なんだかな。

エリアC

はまさいさい

f:id:fewpoco:20170907105451j:plain

リボーンアートバスで桃浦に移動してはまさいさいで昼食。

f:id:fewpoco:20170907105550j:plain

サバのみりん干しが売り切れてしまったのでシイラのフライに変更。むしろこっちの方が美味しかったかも。

牡鹿ビレッジ〜リボーンアートダイニング

f:id:fewpoco:20170907110027j:plain

リボーンアートフェスのシンボル・白い鹿への入口はこんなところ。

f:id:fewpoco:20170907112727j:plain

ここも防潮堤建設中です。

f:id:fewpoco:20170907110307j:plain
デビッド・ハモンズ「ストリート・パフォーマンス」

意味のわからなさ100%。
工事の音がするので見に行ってみるとワゴンに工事現場の映像が流れている。石巻のものであればなるほどと思うんですが、海外のもの。なんだこれは。

鈴木康広「ファスナーの船」

f:id:fewpoco:20170907110810j:plain

足漕ぎボートになっていて、波ができるとファスナーを開けているように見えるのを狙った作品。
乗船することができるそうですが、桟橋が壊れていて乗れそうになかったです。

名和晃平「White Deer(Oshika)」

f:id:fewpoco:20170907111255j:plain

意外に大きい。そしてカッコイイ。
みなさん写真を撮るために群がってました(笑)

f:id:fewpoco:20170907111658j:plain

リボーンアートダイニングの前でとうもろこしを食べるおばちゃん3人。
今回の旅行で一番のお気に入り写真です。

さわひらき「燈話」

f:id:fewpoco:20170907111919j:plain

オブジェと映像のインスタレーション作品。
ヘルメットがないと洞窟部分に入れないので結構待たされました。

宮永愛子「海は森から生まれる」

f:id:fewpoco:20170907112107j:plain

ブイが卵のようで、本当に生まれてきているよう。
森と海の関係をうまく表現しているし、旧観慶丸商店1階の作品との対比が面白い。あちらは和室に置かれていて養殖を。こちらは自然の海を表現しているのかな?と思いました。

桃浦バス停付近

f:id:fewpoco:20170907113208j:plain

リボーンアートバスを降りてすぐのところにファブリス・イベールの作品があります。
野菜を育てているんですが、それは「ボーン」であって「リボーン」ではないのでは。いや別にテーマに沿っていなくてもいなくていいんですが、単純に面白くないです。

荻浜小学校

f:id:fewpoco:20170907113449j:plain

休校中の小学校。
今回のアートフェスで一番良かったです。

鈴木省一「いしのまきのあさ」

f:id:fewpoco:20170907113758j:plain

青で統一された石巻の朝を撮った写真。
美しい。

平井慶祐「食べモノの先っちょにある風景」

f:id:fewpoco:20170907113915j:plain

屋上にあります。小学生の頃は屋上にあがるのは特別なイベントだけでした。
ダイナミックな漁師さんたちの写真作品が良かったです。

乃村工藝社「牡鹿の望遠鏡」

f:id:fewpoco:20170907114104j:plain

牡鹿半島の形に組まれた筒の中には各地のメッセージが書かれています。

富松篤「牡鹿に棲まうもの」

f:id:fewpoco:20170907114209j:plain

流木で作られた鹿と鳥。
いまにも動き出しそうなリアリティがあります。

パルコキノシタ「海の帰還」

f:id:fewpoco:20170907114358j:plain

体育館にある壁画。
海から顔を覗かせる少女。防波堤には様々なひとの姿。

パルコキノシタ「います」

f:id:fewpoco:20170907114524j:plain

震災で亡くなった方々の像を彫っています。
パルコキノシタさんは、震災の慰霊碑は宗教・宗派ごとに作られてしまう。すべてのひとのための慰霊の場を作りたかったと語っていました。部屋の奥にある島と波に見える模様は津波が作ったそうです。

洞仙寺前

ギャレス・ムーアとChim↑Pomの作品があります。

f:id:fewpoco:20170907115924j:plain

f:id:fewpoco:20170907115938j:plain

荻浜小学校から歩いて行ったんですが完全に失敗。小学校の作品をもっと観るべきでした。
全然面白くなくてあっさり見終わってしまったので、帰りの路線バス待ちの時間で観ればよかったな、と。

旧桃浦小学校

f:id:fewpoco:20170907120319j:plain

洞仙寺からリボーンアートバスで移動。
また山道かよ!小学校じゃないのかよ!と思いつつ坂を下っていくと、のり浜以上の山道でした。つらい。

f:id:fewpoco:20170907120603j:plain

途中、ブルース・ナウマン「子どもたちのために」があります。
ナウマンが「for children」を繰り返している音声が流れているんですが、夜聞いたらちょっと怖いのでは。

鈴木康広「記憶のルーペ」

f:id:fewpoco:20170907120817j:plain

小学校があったこの地の記憶を巨大な誰かが探しているのかな?という作品。
しかしここに小学校があったとは。周辺の集落とは離れているし、通うのは大変だっただろうな。

f:id:fewpoco:20170907121307j:plain

朽ちてしまった地蔵堂。
前の階段の真ん中から木が生えていて、自然は強いなと思わされます。

波田

f:id:fewpoco:20170907121408j:plain

さらに山道を下ると波田浜に到着します。

f:id:fewpoco:20170907121516j:plain

晴れていれば綺麗なんだろうなぁ。
浜は砂ではなく、平たい石がたくさんあります。水切り遊びには最適。

青木陵子伊藤存「浜と手と脳」

f:id:fewpoco:20170907122047j:plain

浜と森に多数の作品が展開されています。
バスの時間があるので観きれなかったのが残念。とはいえバスは遅れてきたんですが…。
満員のバスは渋滞にハマって帰りの仙石線に間に合うか微妙だったんですが、発車3分前に到着。
コインロッカーから荷物を出す時に、ここにいたのは遠い昔のようだななんて思いました。

まとめ

荻浜小学校が圧倒的優勝。ここに時間を使うべきでした。
白い鹿は期待通りに綺麗。インスタグラム向き。
増田拓史の2作品もとても良かったです。

バス移動の場合はスケジュールが厳しいので、事前の予習を行い、観たいところだけをまわる方が良いと思います。

リボーン

現地に来てみると震災はまだ身近な存在だということがわかります。
いたるところが工事中で、街中の空き地は被災した住宅が建っていたのでしょう。
海沿いに行くと巨大な防潮堤。残念な気持ちにもなりますが、先に進むには仕方がないこと。
私自身の明確な「リボーン」体験は正直ありませんでしたが、美しい自然、かわいいネコ、美味しい食事とお酒を堪能して石巻が好きになりました。転職を控えていて来年は休みが取れるかどうかはわかりませんが、できることなら再び訪れてみたいと思います。