ねこだまし!

カフェとネコとカメラとわたし

リボーンアートフェス

リボーンアートフェス2017に行ってきました(2日目 牡鹿半島編)

2017年8月30日・29日の2日間で、宮城県石巻市で開催されているリボーンアートフェスに行ってきました。1日目の記事はこちら。 fewpoco.hatenablog.com 出発 前日に朝は飲食店はやっていないことを学んでいたのでコンビニで食料を確保。 公式サイトを読むと山…

リボーンアートフェス2017に行ってきました(1日目 石巻市街地編)

2017年8月30日・29日の2日間で、宮城県石巻市で開催されているリボーンアートフェスに行ってきました。 コンセプト Reborn-Art Festival ( http://www.reborn-art-fes.jp ) から引用 Reborn-Art Festivalとは、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる…

リボーンアートフェス2017「旧観慶丸商店」

1階はインフォメーションセンターとグッズ販売、トイレ。アート展示もあります(無料)。2階はアート展示(要パスポート)。 目のrepetition window, 2017の受付・集合もこちら。 宮永愛子「海は森から生まれる」 ナムジュン・パイク「心」 リボーンアートバスの…

リボーンアートフェス2017「旧観慶丸商店近くの空地」

目「repetition window」 裏路地にある空き地の真ん中を進み、工具が吊るされた狭い作業小屋を進み、ドアを開けるとそこには日本家屋があります。これは荷台部分を民家の内装に改造したトラックで、目が選定した石巻市街のルートを巡る体験型作品。 和風の椅…

リボーンアートフェス2017「旧柏屋」

柏屋さんの跡地を利用した会場。 店舗部分には八木隆行の作品。裏口から入る倉庫部分にはZakkubalanの作品があります。 八木隆行「B3 project 石巻」 ひとり用の携帯風呂(といっても重い。試しに背負えるものがあります)で石巻各地で入浴し、それを撮影した…

リボーンアートフェス2017「ガルバナイズ・ギャラリー」

改装中の電気屋さん「パナックけいてい」の敷地を利用した会場。 有馬かおるとXYZ Collective、パープルーム、犬山キワマリ荘、水戸キワマリ荘のグループ展示。 有馬さんは石巻に移住して作品制作をしています。こちらの作品はアートフェス終了後も継続展示…

リボーンアートフェス2017「日活パール劇場」

石巻繁華街のはずれにある元ポルノ映画館。 2011年の震災後は3ヶ月で営業を再開し、リボーンアートフェス開催の1ヶ月前である今年の6月まで営業をしていました。今回のアートフェスでも一番の非日常空間。 入口は普通のビルでうっかりすると通り過ぎてしまう…

リボーンアートフェス2017「旧旅行代理店」

齋藤陽道「神話(石巻にて)」 幼い子どもの定まらない心身を指して言われる故事「7歳までは神のうち」から発想し、自分の子どもと、石巻に伝わる鹿信仰を重ね合わせた 写真作品を展示。砂浜の子供写真の美しさと、鹿の心臓の写真が印象に残りました。Reborn…

リボーンアートフェス2017「ビューティサロン ベル」

会場名は公式マップでは「高橋園茶舗 通路奥の建物」。元美容院ですが、内部は意外に複雑な構造になっています。 キュンチョメの「空で消していく 石巻編」と「空蝉Crush」を展示。 キュンチョメ「空で消していく 石巻編」 「消したいものはなんですか?」と…

リボーンアートフェス2017「本家秋田屋」

これは寺なのか、旧家なのかと思いつつ中に入ると見事な和洋折衷の蔵が。受付の女性に「ここはなんなんですか?」聞くと「普通の家ですよ。というか、私の家です」。思わず、「えっ」。 庭の奥には大きな神社もあります。いいものを見せていただきました。 …

リボーンアートフェス2017「中瀬」

石ノ森萬画館のある中瀬には、ふたつの作品があります。 どちらも夜間のみ展示。 カールステン・ニコライ「石巻のためのstring」 中瀬の南端から天空に向かって放たれる一本の光。 あいにくの小雨だったんですが、雨がレーザーを通過するとキラキラと輝いて…

リボーンアートフェス2017「春潮楼の駐車場」

齋藤陽道、Zakkubalanなどの作品がプロジェクターでビルの壁面に映し出される作品。夜の石巻は静かで、作品の雰囲気とマッチしています。 真夏の夜にお酒を飲みながら見たら素敵だなぁと思いました。もうちょっと映像が大きいといいかな。Reborn Art Festiva…

リボーンアートフェス2017「Reborn-Art House」

小林武史 × WOW × DAISY BALLOON「D・E・A・U」 音楽、映像、バルーンによる作品。 バルーンは下に設置されたファンで浮き上がる。不規則な動きが美しい。Reborn Art Festival公式ガイドブック 2017―アート・音楽・食の総合祭 (スターツムック)出版社/メーカ…

リボーンアートフェス2017「鹿島御児神社・元展望レストラン」

JR「Inside Out Photobooth」 鑑賞者はフォトブースに入り、写真を撮る。 プリントをもらい、写真はネットに公開される。神社は高台にあるので海岸線が見渡せます。Reborn Art Festival公式ガイドブック 2017―アート・音楽・食の総合祭 (スターツムック)出版…

リボーンアートフェス2017「本間家蔵」

本間家蔵があるのは震災の際に津波と火災で甚大な被害のあったエリア。 この蔵も被害を受け、解体を考えていたが文化財レスキューの方からの励ましもあり、保存を決めたそうです。2階部分に津波到達点の表示が。 市街地の表示でもそうだったんですが、想像し…

リボーンアートフェス2017「石造りの元米蔵」

金氏徹平「White Discharge(建物のようにつみあげたもの/石巻)」 買ってきたものと拾ってきたものを石膏で固めた作品。生活に関わる品々と、半身像やフラフープなどの雑多なものが城のように積み上げられています。Reborn Art Festival公式ガイドブック 20…

リボーンアートフェス2017「ワンパーク」

「SIDE CORE」はアーティスト名ではなく、展覧会の名称です。 「ワンパーク」が会場名。元々は缶詰で有名な木の屋水産から倉庫を借りて運営していたスケートボード場だったんですが、消防法の基準を満たしていないとのことで現在休館中。 森田貴宏 プロスケ…