ねこだまし!

カフェとネコとカメラとわたし

豊島のネコ

cat @ teshima


「テシマ」です。
「トシマ」ではありません。

ここ最近、瀬戸内の島々が好きすぎて、「豊島」で検索した時に「豊島区」の検索結果が出てくると「そっちじゃねーよ!」と思っちゃうくらいだったりします。
(といっても去年の瀬戸内国際芸術祭で初めて訪れたのでこれで2度目)

GWの後半で直島・豊島・高松市内とまわってきたんですが、当初予定では最終日に「猫島」の男木島へ行きたかったんですね。
ところがそこはさすがにゴールデンウィーク。宿がいっぱい(宿自体が数件しかないんですが)。
夕焼けと朝の神社のネコさんたちが撮れないのであれば市内観光でいいかと切り替えました。

そうなると今回の旅行、ネコはあんまり期待できないかな?
直島はちょっといるみたいだけど。

そう思っていたんですが、いました。豊島に。

豊島はクリスチャン・ボルタンスキーの「ささやきの森」があるので2016年の瀬戸芸訪問時にも行きたいと思っていたんですが、日程的に行けず。
屋外作品なのでいつでも見られるということで今回訪問してきました。


sasayaki-no-mori

benesse-artsite.jp


400個の風鈴が森のなかにあるインスタレーション作品で、美しく、幻想的。
スピリチュアルな、というとなんかアレですが、素直にそういう感情を抱かせてくれます。

しかしこの作品、結構な山の中(バス停から20分くらい)にあるので電動自転車を借りて行くか、覚悟を決めて行ってください。夏はかなりつらいと思います。


forest @ teshima


あと、風が適度に吹く日じゃないと美しさが半減かもしれません。まったく吹かないと風鈴が鳴らないし、吹き続けては興ざめです。
この日はちょうど良い日だったので最高でした。


で、本題のネコなんですが。
アートを見て、食事して、アートを見て、と島を一周してフェリー乗り場へ戻って来たら時間があったので周辺を散歩していたら「にゃあ」と声が。
喫茶店の前にネコ大集合。ご主人が世話をしている半野良みたいです。
いつでもいるというわけではなさそうですが、フェリーまでの時間があるようでしたらぜひ。


FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B